注意しよう!ツールを使ったwebサイト翻訳の落とし穴

ツール翻訳で楽々webサイト管理!でも弱点が…

企業のWEBサイトで「言語を選択する」なんてボタンを見かけた経験はありませんか?クリック一つで英語オンリーの記事が日本語向けに早変わり。本当に便利になりました。でもちょっと疑問に思うのがその正確性です。自動翻訳特有のあやしい日本語、ローマ字表記のままの英単語。特にツール翻訳が弱いとされているのは「比喩表現」や「文化ならではのしゃれた言い回し」。直訳や解釈違いから本来の意味が取り払われてしまうケースも多く、正しくそのニュアンスを伝えることが難しくなります。小説やブログなどでは、その独創性が翻訳で平坦なものに変えられてしまったり、個人の魅力が失われてしまう可能性があるのはとても勿体ないことです。作業の大幅な時間短縮ができて便利ではありますが、ツール翻訳に頼る他にもいくつか手段を検討しておく必要があります。

ツール翻訳によるメリット・デメリットを認識しよう

ツール翻訳の最大のメリットは「工数削減」です。ショッピングサイトでは多国語対応によりターゲット層を世界に広めることができます。シンプルな情報の翻訳に大きく貢献してくれるでしょう。デメリットは、先ほど書いた通り「複雑な文への対応が難しい」点です。文章力を売りにする内容や、独創性に富んだ原文などで利用する場合にはリスキーだと言えます。こういったシビアなシーンでは、やはりプロフェッショナルによる翻訳の需要がまだまだあると感じますね。もちろんツールの精度がさらに向上し、複雑な文章も紐解いてしまう未来もあるかと思います。それでもデメリットを補ってあまりある恩恵がツール翻訳にはあります。世界中からアクセスを集めたいwebサイトはぜひ一度実装してみてはいかがでしょう?